監督/MOVIE DIREDTOR

監督:今関あきよし(いまぜきあきよし)

1959年11月19日生まれ。
少女アイドルをモチーフとした作品を映画やテレビで発表することで有名な日本の映画監督。
東京都出身。 本名:今関 明好。
映画監督の大林宣彦との親交も厚い。
高校時代の1975年頃から自主制作で8mm映画を作り始める。

1979年:「ORANGING”79」がオフシアターフィルムフェスティバル、後のぴあフィルムフェスティバル)で入選受賞。
1983年:富田靖子初主演の劇場映画「アイコ十六歳」(原作 堀田あけみ)でプロとしての監督デビュー。
1988年:新井素子原作のSF「グリーン・レクイエム」、オリジナルストーリーによる「RE-BORN」2作品を同時公開。
1990年:「十六歳のマリンブルー」(原作 本城美智子) 監督。
1991年:ビッグコミックスピリッツ連載の漫画「ツルモク独身寮」(窪之内英策)を実写映画化。
1995年:持田真樹初主演、現在では歌手として有名な浜崎あゆみも出演する今関自身により撮影と監督を兼ねた
     「すももももも」。
1997年:佐藤藍子主演のSF「タイム・リープ」(原作 高畑京一郎)を監督。
1998年:アイドルグループのモーニング娘。らの主演する映画「モーニング刑事(コップ)」を監督。
     その後、彼女等の出演する映画、テレビドラマを多数演出。
2002年:井上路望原作の「十七歳」を監督。
2003年から自らの出資を元にベラルーシ共和国に渡り「カリーナの林檎チェルノブイリの森」を準備、撮影開始する。
他にイギリスのアレックスコックス監督演出による黒澤明監督ドキュメンタリーの撮影担当や、
黒澤監督作品「夢~Dream’s~」のメイキング映像スタッフとして参加するなど監督演出以外での活躍もしている。

脚本/SCENARIO

脚本:いしかわ彰(いしかわあきら)

1967年7月22日、東京生まれ、千葉育ち。日本大学芸術学部映画学科演技コース中退。

1991年、TBS「怪奇千夜一夜物語/赤い糸」で脚本家デビュー。
1992年より、テレビ東京「映画みたいな恋したい」に参加。「ミッドナイトラン」など10本以上を担当する。主な作品は「恋、した。」(TV)、「こいまち〜松江編」(TV)、「陽はいつか昇る」(TV)、
「BLUE〜ある女子高生たちの物語」(OV)、「ブラックマネー」(OV)、
「ON THE WAY COMEDY 道草」(ラジオ)、「貫地谷しほりのラジオ劇団・小さな奇跡」(ラジオ)、
「今日という日が最後なら、」(映画、脚本監修)、「泣きたいときのクスリ」(映画)など。

1998年、テレビ東京の「太陽娘と海」で今関あきよし監督と知り合い、数本のテレビドラマを経て映画「十七歳」(2002年)に参加。その後、「ロシアに行ってみないか?」と誘われ、カリーナプロジェクトに参加する。

撮影/Taking a picture

撮影:三本木久城(さんぼんぎひさき)

1970年生まれ。
インディーズ映画から硬派なTVドキュメンタリーまで、いつも何かを撮影中。
道具がデジタルになっても、思考はアナログです。
美しすぎるベラルーシの風景、選び抜かれた俳優たちの珠玉の演技など、
本作では撮影時から、確かな手応えを感じました。


2003年「巡査と夏服」(斎藤玲子監督)
2006年「ストロベリーフィールズ」(太田隆文監督)
2007年「アイランドタイムズ」(深川栄洋監督)
2008年「memo」(佐藤二朗監督)
2009年「代行のススメ」(山口智監督)
2010年「青い青い空」(太田隆文監督)

キャスト/CAST

  • 【カリーナ】 ナスチャ・セリョギナ
  • 【おばあちゃん】 タチアナ・マルヘリ
  • 【アーニャおばさん】 リュディミラ・シドルケヴィッチ
  • 【アレキサンドルおじさん】 イゴリ・シゴフ
  • 【カリーナのママ】 オルガ・ヴォッツ
  • 【カリーナのパパ】 セルゲイ・シムコ
  • 【セルゲイ】 アンドレイ・ドゥピク
  • 【マーシャ】 ターニャ・イフェレェミェンコ
  • 【ユーリャ 】 リザ・ミンキナ
  • 【エキストラ出演協力】 ミンスクの方々

カリーナ KALINA  ナスチャ・セリョギナ

スパシーバ!ナスチャ!

当初ベラルーシのみで行われた映画キャスティングオーディション。
プロ、アマ問わずのオーディションは難航した。大人たちは比較的直ぐに決まるが、カリーナ役がなかなか見つからない。仕方なく急遽、ロシアでもオーディションをすることとなった。
広いオーディション会場の隅、そこにカリーナがいた。
自己主張の強い他の子どもたちの演技を楽しむかのように見つめているナスチャは、カリーナそのものだった。

カリーナ役のナスチャ・セリョギナは2003年夏クランクイン当時8歳。ロシア、モスクワ生まれのモスクワ育ち。
ナースチャは生まれて初めてのパスポートを取得し、約10時間もの長距離列車移動で、ベラルーシのミンスクまで来た。
付き添いとしておばあちゃんが一緒だが長い間、両親の元を離れての撮影となる。

大人の役者たちは皆、演技経験もあるベラルーシ人だ。ナスチャだけがロシアから参加。
まったく演技経験はなく、映画の内容もナースチャには難しいかと思われたが、驚いたことになんと!撮影現場には
自分の台本を持ってこない大女優ぶり。完全にセリフは覚えて来ているし、内容もほぼ理解しているのだ!

スタッフの心配をよそに、寂しいはずの異国ベラルーシでのホテル生活を楽しむように、毎日ハシャギ回っていた。
映画の中のカリーナのように、気丈で、健気で愛らしいナスチャ。
カリーナスタッフはこう語る
「彼女の笑顔に支えられてこの映画の現場を乗り越えることが出来た」と。

スタッフ/STAFF 

音楽/MUSIC

協力/COOPERATION